アイ結婚の歴史

 

歴史

アイ結婚の原点

はじまりは大正時代

祖母は地元で有名な世話好き仲人。縁談があると聞けば写真と釣書(身上書)を抱え西から東へ、遠くの村でも朝早くから歩いて出掛け、家には日没まで縁談を求める方が訪ねて来られました。
そのおかげで父は戦時中でも食卓には鯛やお祝いの料理が並び、食事に困ることがなかったようです。
とにかく世話好きで、83歳で亡くなるその数日前まで、せっせと縁談をまとめていたというから驚きです。
この頃の結婚は両家の家柄や条件が釣り合えば、本人の意思とは関係なく縁談が決まる時代でした。

アイ結婚のスタート

祖母が亡くなった後も「仲人さんの家」という口コミで、遠方からもご縁を求める方が後を絶たず、母が写真と身上書を預かる日々。
自宅で茶華道教室をしていた母に仲人の経験はなく、どうしたものかと頭を悩ませていたところ、友人の紹介で全国区の相談所に加盟することになり、本格的に結婚相談所をはじめることになりました。
幸いにも祖母からのご縁で集まる方々や、年頃のお茶・お華の生徒さんも大勢いらっしゃることから、ご縁がご縁を呼び会員数は増え続け、やがて全国区の相談所から独立すると「アイ結婚情報サービス」として独立しました。
その後バブル景気や第二次ベビーブームの子供たちが適齢期を迎えた頃、アイ結婚情報サービスのネットワークは東海三県下に広がり、年4回開催されるお見合いパーティーも毎回200人を超える参加者が集まりました。

この頃は結婚が決まると、両家顔合わせ・結納・お引き出結納・菓子撒き・結婚式と、まだまだ昔の習慣が色濃く残っており、今では目にすることもなくなった紅白のタスキをかけた新車や、婚礼荷物を載せたトラックを町でよく見かけたものです。

アイ結婚のこれから

平成になり母も引退し、私が引き継いでからも結婚に関する考え方やスタイルなど環境は変わり続けています。
しかし「幸せな結婚がしたい」と願う皆様の気持ちに変わりはありません。

アイ結婚ではお相手探しの沢山のツールの中から「安心できる出会いの環境」「結婚につながる確かな出会い」を提供し、しっかりとサポートします。会員期限は設けておりませんので年会費・更新料などの心配も要りません。
ご成婚までが早い方、またそうでない方も安心してお相手探しをすることができます。

婚活に迷いや悩みはつきものです。
ひとりで頑張って遠回りなんてよくあること
迷子になる前にご相談ください。
結婚への近道をお伝えします。
いっしょに幸せ探しをはじめましょう。