愛知県愛西市・津島市・あま市の婚活なら  結婚相談所

〒496-0001 愛知県津島市青塚町1-68

0567-25-0450
受付時間
10:00~20:00
定休日 
不定休

アイ結婚のこれまで

始まりは大正時代
始まりは大正時代

祖父母は地元で有名な世話好き仲人。     縁談があると聞けば写真と釣書(身上書)を抱え西から東へ、遠くの村でも朝早くから歩いて出掛け、家には日没まで縁談を求める方が訪ねて来られていたそうです。                戦時中でも食卓には鯛やお祝いのお料理が並び、食事に困る事がなかったというのが父の自慢でした。
とにかく世話好きで、83歳で亡くなるその数日前まで、せっせと縁談をまとめていたというから驚きですね。
この頃の結婚は両家の家柄や条件が釣り合えば、本人の意思とは関係なく縁談が決まる時代でした。                                                                                           

アイ結婚の歴史
仲人から結婚相談所へ

祖父母が亡くなった後も「良縁処」という噂を聞きつけ、遠方からもご縁を求める方が後を絶たない日々。
自宅で茶華道の教室を開いていた母が、生徒さん達のお相手探しも兼ね、祖母の後を継ぐ形で仲人を始めました。                    そんな折、友人からの紹介で全国区の相談所に加盟することになり、本格的に「結婚相談所」としてスタートしました。

幸いにも祖母からのご縁で集まる方々や、年頃のお茶・お華の生徒さんも大勢いらっしゃることから、ご縁がご縁を呼び会員数は増え続け、やがて全国区の相談所から独立すると「アイ結婚情報サービス」として独立し「地域に密着した縁結び」を大切に考える結婚相談所として雑誌の取材なども受けるようになりました。

その後のバブル景気や第二次ベビーブームの子供たちが適齢期を迎え、アイ結婚情報サービスのネットワークは東海三県下に広がりました。年4回開催されるお見合いパーティーも毎回200人を超える参加者で数えきれないほどのご成婚が生まれました。

この頃は結婚が決まると、両家顔合わせ・結納・お引き出結納・菓子撒き・派手な結婚式が行われる時代でした。                          紅白幕に包まれたバック禁止の独特な文化を持つ「嫁入りトラック」が列をなし、これらの嫁入り道具を近所にお披露目する「衣装せ」、文金高島田で乗り込む「嫁入りタクシー」もありました。

現在のカウンセラー
アイ結婚のこれから

平成を迎え、私達が「アイ結婚情報サービス」を引き継ぐ事となりますが、この頃から少しづつ婚活の流れに変化が始まりました。

出会いのサービスは「相談所」や「婚活パーティ」に加え、「街コン」「マッチングアプリ」など多くの選択肢が増え、FAX・電話から、PCやスマホを使ったオンラインでのコミュニケーションへと変化し、コロナ禍以降はお見合いや入会説明までがオンラインでも行われるようになりました。
そしてこの先もきっと「お相手と出会うツールやサービス」はどんどん形を変え、便利になっていくことでしょう。

アイ結婚はそんな時代の変化にしっかりと対応しながらも、『本気で結婚を望む方』にとって安心してご利用いただける結婚相談所としてこの先もあり続けたいと願い、これからも「人が繋ぐご縁結び」を丁寧に続けて参ります。